我が家は当初、テレビを壁掛けにする予定はなく、借家で使っていたテレビとテレビ台をそのまま移動して、今まで通りテレビを見る予定でした。

引越して間もなく、テレビの調子が悪くなり映らなくなってしまいました。
修理は可能でしたが修理代がまぁまぁな値段だったので、いい機会だし、せっかくの新築だし、思い切ってテレビを買い替えよう!!ということになりました。
ここで初めて、「新しく買うテレビは壁掛けにしたい♪」と奥さんが言い出したのです。

テレビを壁掛けにするには、壁の下地の確認が必須です。

石こうボード壁の構造(横胴縁あり)

一般的な壁は、石膏ボードを使用します。
石膏を固めてボード状にしたもので、防火性・遮音性・寸法安定性・工事の容易性等から広く使用されています。
この石膏ボード、上記の通り石膏を固めただけなので、あまり重たいものを引掛けておくほど強度がある建材ではありません。
インターネットで検索すると、石膏ボードでもテレビの壁掛けは可能とありますが、KLCはお勧めしません。(あくまで、石膏ボードに固定する場合)
壁掛けテレビは、壁にテレビを支える固定金具を取り付け、その金具にテレビを引掛けるような形で取付するものが多いです。
中には、前後左右角度を変えられたり、アームが伸び縮みして、かなりの角度調整が出来るものもあります。
しかし、アームが長いほどテレビの荷重が壁から遠い所にかかり、壁(固定部)への負荷が大きくなります。

では、どうすればよいか?

①設計段階で、テレビを壁掛けにする旨を伝え、下地を変更する(壁を貼る前であれば、工事途中でも大体対応可)
②(①が無理な場合)柱や間柱・横胴縁に固定する

ようするに、しっかり固定できる下地を最初から設ける、そうでなければ固定できる下地を探して固定するということです。
木造住宅であれば、柱と柱の間に所定のピッチで間柱や横胴縁が入っています。
その間柱を狙って固定すれば、石膏ボードよりはしっかりと固定する事ができます。

いくら軽くなったとはいえ、数十キロの重さがあるテレビを固定する訳ですから、しっかりした下地に固定しないと、テレビが落っこちて故障したり、下に置いてあるものが壊れたりしますので、かなり大切です。
また、②を自分で行なう場合は、当然自己責任になります。(私は自己責任で設置しました)
不安が少しでもあるなら、施工業者さんやKLCに相談してみる事をお勧めします。

雑談になりますが、知り合いの整体師さんから聞いた話です。
テレビにしろスマホにしろ読書にしろ、目線を水平より上にすることで、目が大きくなるらしいです!!
上目使いになるから?かもしれませんが、我が娘は少し大きくなった気がします(ただの成長かもしれませんが・・・)