トイレは1箇所に

各階毎にトイレを設置する方が、結構いらっしゃいます。

2階に寝室がある場合など、夜中のトイレで1階まで降りるのはめんどくさいし、寒かったり暑かったりすると、余計に近くにトイレがほしいと思うものです。(生理現象ですので、我慢するわけにもいきません)
トイレを減らせば、数十万円のコストダウンが図れます。

具体的な内容で言うと・・・

①器具(トイレ本体、ペーパーホルダー、手洗い、換気扇など)
②建具(扉、窓、棚など)
③設備(給水管、排水管など)
④上記工事に伴い発生する人件費

こういったものが不要となってきます。

また、トイレ用のスペースが空きますので、新たな使い方も可能となります。
(部屋を広くしたり、物置にしたり、パントリーにしたり、書斎にしたり)

工務店が勧めるからとか、みんなつけてるからという理由で取り付けるのではなく、
「自分のライフスタイルの中で本当に必要かどうか」
を考えた上で判断することが大切です。

ここでよこやん家の事例です。
我が家のトイレは、1階・2階両方についています!!

ただ、上下階のトイレのグレードを変更し、下記のような考え方で設置しました。

①1階はお客様も使用するので少しグレードを上げた
②2階は基本的に家族しか使わないのでグレードを落とした

と書きましたが、よくあるパターンです、これ。

余談ですが、トイレの種類もピンキリで、高いものでは50万円近くするものもあります。
また、結構便利な自動開閉する蓋ですが、これが付くだけで定価ベースで10万円ほどプラスになります。
よこやん家は、自動開閉に10万円も必要ないと判断し、手で開閉しています。

そして、またまた余談ですが、きれいなトイレにはリラックス効果があるそうです。
トイレは個室で籠り感があり、自分だけの空間・時間として利用できるというのが理由の一つだそう。
トイレ設備だけでなく、内装などにもこだわって、素敵なトイレライフを満喫できるといいですね。