大量に出回っている製品(既製品とか大量生産品とか)は、特注品やあまり採用されないサイズに比べて割安です。
サイズや仕様もごく一般的なものしかなく、ジャストサイズがなかったり、見た目がどうしても安っぽく見えたりします。
※決して既製品を否定しているわけではございません。

しかし、既製品もレイアウトなどをうまく考えたり、使い方を工夫することで、使い勝手がよく見た目も個性的で美しい形にすることができます。
よこやんが欲して止まない「センス」というヤツです。

また、例えばキッチンを例にすると、既製品のものから扉を色や柄を変えたり、水栓を自動水栓にしたり、トップを耐熱素材や水晶入りにしたりすれば、当然価格がアップしていきます。
既製品は、あくまで「ベース」ですので、ベースからの変更には金額のアップダウンが伴ってきます。

よこやんがおすすめする既製品の使い方として、収納関係があります。

作り付けの棚や収納(タンスや引き出し)は、それに合わせて家を作っていきますので、収まりもよく、凸凹したりはみ出したりすることがありません。

進捗に合わせて取り付け・設置を行うので、家の完成と共に使用が可能となります。

コスト的には、高くなってしまうかもしれませんが、メリット・デメリットの検討が必要です。

また最近は、ニトリや無印良品・IKEAなど安くておしゃれな家具を扱うお店も多数あり、事前にサイズを調べることもできますので、こういったものを取り入れることを前提に家の計画を立てることも可能です。

注意点として、購入する既製品の高さや奥行などをあらかじめ考えておく必要があります。

いざ設置してみると、はみ出したり入らなかったりすることもあります。

ある程度大きさを把握しておき、設計段階で「ここにこれくらいの棚をいくつ置きたい」という風に伝えておけば、それを考慮して設計してもらえます。

既製品ではないですが、以前使っていた家具をそのまま利用するのもコストダウンになります。(当たり前ですが)
この時も、上記と同様、サイズを調べ伝えておきましょう。

既製品は、同じサイズの物が入手しやすく、いつでも購入できるのがメリットです。
汚れたり、壊れたりしても、すぐに同一品・同等品が入手しやすいです。
また、100均製品でも、多種多様な製品・サイズの物が出ていますので、うまく組み合わせることで「安くてすてきな」仕上がりにできます。
書籍もたくさん出ていますので、そういったものも参考にしてはいかがでしょうか。