最終回のお話は、家を新築する時のコストに直接関係しませんが、建てた後のコストに影響が出る恐れがあるという内容です。

家は人間同様、年月が経つにつれて、色んな所に痛みや劣化などが起こってきます。
逆に、無垢材などは年月を追うごとに味が出てきたりしますし、家族との楽しい思い出も家に刻み込まれていきます。

では、具体的な家の痛みや劣化とは何でしょうか?

例えば、外壁の劣化が挙げられます。

外壁は、常に外部に晒され、太陽の紫外線や熱、雨や雪などの水気や湿気から 家族を守ってくれています。

一般的によく使用されているサイディングの外壁は、メーカーや材料にもよりますが、10年くらいを目途で塗装を行うのがよいとされています。

手で外壁を触ってみて、チョークのような粉が着くと劣化のサインです。
また、サーディングとサイディングの隙間を埋めるコーキング(触るとブニブニしたゴムみたいなやつです)も、亀裂が入っていたり、触ると固くなっていると、打ち換え時です。

外壁やコーキングの劣化は、見た目も当然悪いですが、劣化個所から雨水や湿気が侵入し、壁内の断熱材などが湿気で腐ったりカビだらけになったりします。
その症状は、いずれ部屋の中にも影響し、カビなどにより体調悪化(アレルギーや喘息など)をきたす場合もあります。

出来るだけ安くて良い家を建てたい!という気持ちはよく分かりますが、先々を考えた材料選定も視野に入れておくべきと思います。

例えば、ガルバニウム鋼板という金属製の外壁は、耐用年数が15年以上のものが多数存在します。
また、施工にコーキングを使用しないので、コーキングの劣化や打ち換えも必要がなくなります。

新築に使う材料も年々進化し、耐用年数が長くなったり、汚れが付きにくいとかハウスメーカー独自で開発したものもあります。
建築されるハウスメーカーなどで色々聞いてみるとよいでしょう。

建てた後見えなくなる所は、しっかり検討することをお勧めします。(断熱材とか) 逆に、見える箇所は、取替えが割と簡単です。(トイレ・キッチン・洗面台など)

断熱材を例にとると、取替しようとすると、室内の壁をはがさなければなりません。 壁をはがすために、物を移動する必要があります。
広範囲になると、工事期間中は別の場所で生活する必要が出ることもあります。

これだけでも費用が大幅にアップする事がご理解頂けると思います。
見えないところは、家の性能そのものに影響することが多いので、しっかり検討すべきです。